動画を軽くしよう!(Adobe Media Encoder・PremierePro)

smartphone-381237_1920

こんにちは、川口です。
このところすっかり涼しくなってもう秋。夏の終わりは無性に寂しくなりますね〜

連休中からビルのエレベーター工事がはじまり、今日明日と10階まで階段で上り下りするという地獄の強制運動…絶対筋肉痛になります。ヒィー

さて今回は動画のファイルサイズを軽くする方法をば。
ファイルサイズが小さいのに綺麗な動画を使っているサイトはあるのに、それを実装する方法が検索してもなかなかでてこない…!

そんななか、動画マスターちば先生に教えていただいたエンコーディング術を備忘録として書きたいと思います。
いろいろカスタマイズして動画のファイルサイズを小さくします。

動画をエンコード

●使用ソフト
AdobeのMedia Encoder、PremierePro(どちらか一つでOK)

Media Encoderはエンコードのみ、PremiereProは動画編集とエンコードが可能。
私は動画編集から使用していたため、PremiereProの雑感を載せたいと思います。

1)プリセット指定

encdg1
編集した動画をエンコードするのに色々カスタムしていきます。
まずはプリセットを「中速ビットレート」に指定します。

2)動画の大きさ指定

encdg2
プリセットを指定したらその下の方にある「ビデオ」のタブを選択、幅と高さを指定の大きさにします。
右端のチェックボックスのチェックをはずして指定!

3)ビットレートの指定

encdg3
ビデオタブの下の方にビットレート指定エリアがあります。
左側のプレビューを確認しながら、ターゲットビットレートと最大ビットレートを調整。
最大ビットレートはターゲットビットレートの2倍くらいに設定しておくと無難です。
※ビットレートに関するあれこれはこちら参照
http://shuffle.genkosha.com/products/dslr/nofear/8416.html

4)ファイルの書き出し

これで設定は完了!書き出しするとテンプレのプリセット指定で書き出したものよりも
ファイルサイズはぐっと小さくなっているはずです。