サイトトップイメージ
サイトイメージ
  • ・Acesessで管理されていた生産管理をWebシステムへ全面移行
  • ・データ呼び出し、自動計算による加工伝票作成の高速化
  • ・魚類の単位や数量、バットやダンボールの積載重量に対する個口計算の自動化
  • ・ラベルやシールなど業務用プリンターへ対応した印刷
  • ・作業票、スケジュール票など各種帳票出力

東京と長野を拠点に学校給食向けの鮮魚加工を提供している協同食品様の生産管理システムを開発しました。

長年、Acecessを利用した生産管理システムでご運用されていましたが、メンテナンス性や伝票作成までの速度の課題が多く、Webシステムへの全面移行となりました。

生産管理では、受注から加工伝票の作成までをスムーズに行えるように、各種の加工食品に対する単位や数量に応じてバットやダンボールへの積載量から個口計算を自動化し、これまで手計算で入力していた個口数を完全自動化しました。また、卸先ごとの梱包資材の指定やアレルギー表記などの自動化も含めて、伝票作成までの時間を大幅に短縮しています。

バットやダンボールに貼り付けする、シールやラベルの出力も特種な用紙サイズに整合するためにはネットワークも含めて大掛かりな印刷システムが必要となりますが、Webブラウザの印刷機能で実現することができました。その他、作業票、スケジュール表の生成から印刷に対応し、東京〜長野の作業工程の把握や、新商品の更新など、Webシステムのメリットを充分に活かした運用を実現しています。今後、加工前後のの重量管理を行い、商品ごとの歩留まり計算を行い、各商品ごとの生産効率の把握が可能となるよう拡張していく予定です。